交通事故むちうち治療には経験や実績からの治療方針やノウハウも大切です。 | 京都 やまもと整骨院

日曜AM&土曜はPMもOK

時間外も対応可。Pも有り。

先ずは、電話ください 075-315-7733

電話はこちらから!タップすると電話ができます! 075-315-7733

メール

メール

東心斎橋整骨院ブログ

東心斎橋整骨院ブログ

交通事故むちうち治療には経験や実績からの治療方針やノウハウも大切です。

私も交通事故に遭った人なので経験上、分かることなのですが、交通事故や首のむち打ちによる強い痛みは、最初の頃(急性期)は、どの方向に動かしても凄く痛みます。でも、少し期間が経つと「ある方向が一番痛む」という感じになり、他の方向はマシになりますよね。

 
施術する側からすると、その一番痛い方向が重要なんですが、「その方向が人によって違う」ので、施術テクニックは多い方が治しやすいんです。

 

大きく分けると、旧来からの首や背骨をボキボキする整体や整骨院は、何でもかんでも首や背骨の歪みに執着しボキボキしますよね。

 

でも、診断名は「頚椎捻挫」や、腰部捻挫ですよね。

 

そう「捻挫」なんです。例えば、足首の捻挫はボキボキ鳴らしますか?しないでしょ?

 

ましてや、交通事故むち打ちは、痛みの特徴として「しつこい・頑固」です。

 

私自身が交通事故に遭ったので、痛みの頑固さは心底分かってます。

 

動かされたくない方向を無理にやる施術よりも、動きやすい方向をより動くようにしてあげると、一番痛い方向の痛みも改善しやすい場合が多々あります。

 

こうした「経験や実績を生かした」交通事故むちうち治療を当院ではお客様のために推進しています。

 

もし、あなたが「こう動かすと痛いねん。痛みが気になって仕方がない。仕事や生活が大変。」というのが有るのなら、初回問診時にお聞かせ下さいませ。

 

やまもと整骨院なら、病院での診断を基にして施術前にチェックし、治療の方向性をお伝え致します。

 

交通事故・むちうちで「こうした時に痛い」というのがハッキリ言える方には、やまもと整骨院はオススメだと思います。

未分類2019年6月13日