後遺障害 | 京都 やまもと整骨院

日曜AM&土曜はPMもOK

時間外も対応可。Pも有り。

先ずは、電話ください 075-315-7733

電話はこちらから!タップすると電話ができます! 075-315-7733

メール

メール

交通事故における「むちうち(鞭打ち)」の後遺障害認定のポイントまとめ

交損傷とは、交通事故による追突・衝撃により、頭部が振られて【主に頚部】を痛めて、頚部・肩甲部・上肢等に痛み・炎症をが起きることで、病院では頚部捻挫・頚椎捻挫・頚部挫傷という診断名が付くことが多く、外傷性頚部症候群などの診断名が付くこともあるようです。
腰部に関しては、腰部捻挫・腰椎捻挫で、主に腰痛がメインです。場合によっては臀部痛、下肢痛やシビレが生じる場合もあります。

むち打ち損傷で認定される場合の後遺障害等級は、12級よりも14級の方が多く、実際には後遺障害に認定されない「いわゆる非該当」の判断も多いようです。
いろいろ調べていると12級・14級の認定基準にはある状態がポイントみたいですね。
そのポイントとなるのは症状が「頑固である」「継続性がある」が大切らしいです。
その程度などを証明するためにも幾つかのポイントがあります。

後遺障害イメージ

【1】事故自体の損傷レベル

【2】通院実績。特に病院には定期的に診断を受けに行ってるいるか・否か。

【3】症状自体の継続性・持続性。症状の重症度・頑固さ

【4】その他(神経症状など)

以下に、当院なりに調べた内容を分かりやすく説明いたします。

【1】事故自体の損傷レベルが低いと認定されにくい。

衝突時のスピード自体が低速スピードだと痛みが有っても交通事故むちうちの後遺障害認定は非該当となる場合が多いようです。
ドライブレコーダーで撮影は大切ですが、もっと大切なのが「自分で損傷レベルを撮影して残しておくこと」です。
相手の保険会社により、損傷状態を撮影では写真の撮り方で、損傷レベルを軽度に写されたり、しっかりと分かりやすく撮影されない場合もあります。
なので、ご自身でも修理に出す前に、しっかりと写真に残して証拠をアピールできるようにしましょう! ドライブレコーダーも重要ですが「実際の損傷箇所の撮影写真」です。

【2】通院実績。

交通事故むちうちの後遺障害等級認定のためには、整骨院だけでなく、整形外科で診断を【定期的に・継続して】最初の月から受けていることが絶対条件です。
1ヶ月に1回も病院の診断を受けずに整骨院オンリーなんて論外です。交通事故むち打ちの後遺障害の認定に携わるのは整骨院ではなく、病院のドクターです。
「整形外科に行くのがメンドクサイ」「病院は待ち時間が長いからイヤだ」という気持ちは分かります。
分かりますが、通院期間が長くなって来ると保険会社とドクターの間でも話合いがなされた結果「症状固定」のため治療を終了しましょうとなることも実際にあります。
そうなると保険会社から「後遺障害認定の申請を出して下さい」と言われます。その時に、全然顔も出さない患者とマメに診断を受けに来ている患者とでは実際にどうですか?

【3】症状自体の継続性・持続性症状の重症度・頑固さ

これは専門的な説明が長いので、分かりやすく言うと「症状が明らかに事故後から継続されてるかどうか」です。

◆事故直後は無かった症状が数か月たってから出たもの
◆いったん治まってから再発したもの
◆痛みの復活・ぶり返し

※要するに、ちょっと良くなったからってドクターに「かなり調子いいですわ」ではなく、調子が良くなった状態が継続しているかどうかをご本人が的確に判断して診察時に対応することが大切です。
なので、痛みが少しでも有る場合は安易に考えず、ドクターに「改善はしていますが、痛みが出る時が有る」と正直に継続して伝えることが大切です。

alt=

お問い合わせはこちら